生活のパライバシーを守るもの・・・
それはカーテンですよね?

私の部屋は最上階でほとんど周りからは見えないし、
DIYをしてると毎回、部屋中が木くずまみれになるので
カーテンは部屋がある程度できるまで取り付けたくない・・・(;・∀・)


そこで考えたのがブラインド!

今回はお手頃価格のニトリで購入した
木製ブラインドを取り付けてみました。

ついでに木製に合わせてカーテンレールカバーも
余ってた木材で簡単DIYしてみました。

 Sponsored Links

ニトリの木製ブラインドの取り付け方

今回、ニトリで購入した木製ブラインド。
色はダークブラウンを選択。



窓のサイズに合わせると、
横幅が結構、大きいのでセパレートタイプになります。

できればセパレートじゃない方がいいんですけどね・・・。




ちなみにセパレートと言っても
カーテンレールに取り付ける上の部分は繋がってます。




付属してるものはこんな感じ。

カーテンレールに取り付けるための金具類と
直接、天井などに打ち付けるためのビスなど・・・。

今回はカーテンレールに取り付けるタイプで付けていきます。

 Sponsored Links

カーテンレールにブラインドを取り付けるための準備

ブラインドをカーテンレールに
取り付けるために使う金具はコチラ!

ネジと四角い穴が開いた小さなプレート?みたいなものは
最初は繋がってるので、まずドライバーで外します。


次に茶色の金具にネジを通してから
プレートにつなげて止めていきます。

これを4つ作ります。




4つ作ったらカーテンレールの横から
プレートの部分?をレールに通していきます。

プレート?と茶色い金具?の間に隙間があった方が通しやすいので
少し緩めにネジ締めしておきましょう。


カーテンレールに金具を4つ通したら、
金具を等間隔に設置して、しっかりとネジ締め!




しっかりとネジ締めしたらブラインドを付けます。




ブラインドの1番上の部分を茶色い金具で囲う様にして・・・

パチン!と鳴るとロック!




最後にブラインドの調光するための棒?を
両端のフックにかけて完成です。

木製ブラインドの取り付けはこれだけです^^

余ってる木材で超手抜きカーテンレールカバーをDIY!

木製ブラインドを取り付けたのはいいけど、
レールが丸見えなのが不格好・・・(;・∀・)

今までDIYして余った木材で
かなり手抜きなカーテンレールカバーもついでに作ってみました。


使ったのはカーテンレールの横幅以上の長さで
レールの奥行分の幅がある板を2枚。

あとはL字金具を2つ!
たったコレだけ!


まずはカーテンレールの横幅くらいの長さに
ラインを引いて・・・




2枚ともカット!




このままで組み立ててもいいのですが、
今回、購入した木製ブラインドがダークブラウンなので
カットした板を軽くやすり掛けをします。




やすり掛けしたら塗装をしていきます。
今回はワトコオイルのドリフトウッドで塗装。



ちょっと面倒だったので
見えるところだけ雑に塗装・・・(;´・ω・)




塗装が終わったら裏返して
L字金具を両端にビス止め!

横から見るとこんな感じ。




L字金具を取り付けたら金具部分が下になる様に板を立てて、
立てた板ともう1枚の板をビス止め。

横から見ると板と金具でコの字になる感じです。
これで完成!


あとはL字金具を奥になる様にして
カーテンレールの上からカポって乗せてはめ込む感じ!

L字金具は窓横の壁で動かない様にしてるだけです(´・ω・)


本当は壁にもL字金具をビス止めした方が
しっかりと固定できるのですが、
賃貸なのでカーテンレールに乗せるだけ。・・・。

手で動かすと多少、グラグラはしますが
普段、触るところでもないので今回はこれで様子見。

レールに乗せるだけで、どうしてもグラつく場合は
レールカバーの横部分にも板をつければいいかな?(笑)

 Sponsored Links