こんにちは(=゚ω゚)ノ
最近、夏バテぎみの僕です!

9月になってだいぶ涼しくなってきたのに、
今頃になって夏バテ・・・

ひねくれた性格がここにも出てきてます(笑)


さて、今回はパーテーションです。

2×4と1×4で簡単な間仕切りを作ります。
突っ張りを利用して移動も簡単!

素人でもできるパーテーションDIYにチャレンジです。

 Sponsored Links

パーテーションに使った材料

今回の作業風景を動画にしてみました。
良かったらグッドボタンを押してくれると喜びます(笑)




今回、使った材料がコチラ!

木材

・1×4材 →2本
・2×4材 →2本
・丸棒 →1本
・ベニヤ板(2mm)

ベニヤ板は前回の間仕切り壁の残りを使ってるので、
木材の材料費は2000円してません(=゚ω゚)ノ

間仕切り壁の記事はコチラ!

漆喰と黒板塗料の間仕切り壁をDIY!小窓付きの間仕切り壁完成!

塗料

サンデーペイント ブラック

サンデーペイント ブラック


ワトコオイル ダークウォルナット

ワトコオイル ダークウォルナット

その他の準備したもの

・つっかえ棒のブラケット

ブラケット

・2×4材用アジャスター



・ハケ
・インパクトドライバー
・ビス
・のこぎり
・ドライバー



これで準備完了です。

 Sponsored Links

まずは部屋に合わせて木材をカット!

ではパーテーションを作っていきます。
まずは1×4材と2×4材を部屋に合わせてカット!

2×4材は部屋の高さに合わせて!
1×4材はパーテーションのに合わせます。

ちなみに2×4材は
2×4材用アジャスターの分、短くカットすることを忘れずに!


まずは2×4材を部屋の天井までの高さから
2×4材用アジャスター分を引いた長さをカット。

ソーガイド

この時、素人にとって不安なことと言えば、
木材を真っすぐ切ること!


初心者には真っ直ぐ切ることって難しいですよね・・・(;・∀・)

こんな場合はソーガイドがあると便利!

おれってカット上手?って思うくらい
真っ直ぐに切れます(笑)


2×4材を2本とも切ったら、1×4材をカット。




今回、1×4材1本を3本分にカット。
2本で合計6本分にします。




同じく丸棒も1×4材の長さに合わせてカット。
丸棒は2本分作ります。

木材をカットしたら塗装します。

木材を切ったら次は塗装です。
まずはコチラ!

2×4材を2本、1×4材を3本、丸棒2本。
こちらをサンデーペイントのブラックで塗装します。






塗装したら残りの1×4材3本とベニヤ板を
ワトコオイルのダークウォルナットで塗装します。






塗装したら乾くまで放置。

塗装したら木材を組み立て!

塗装が済んだら後は組み立てるだけです。
まずは2×4材アジャスターを2×4にビス止めします。






ビス止めしたら2×4材アジャスターの反対側に
ブラックで塗装した1×4材を下の配置でビス止め。




同じようにブラックで塗装した1×4材を
真ん中付近と・・・

2×4材アジャスター付近にもビス止め。

ブラックで塗装した2×4と1×4で
漢字の「日」を作る感じですね(=゚ω゚)ノ


次にダークウォルナットで塗装した1×4材を
アジャスターがない方の真ん中に1つビス止め。

アジャスターが付いてる方に
1×4材を2つビス止め。

棚の配置はお好みでいいと思います^^
今回はとりあえずこんな配置で・・・


次に使うのは丸棒(つっかえ棒)のブラケット。
こちらを丸棒の両端にはめ込んで・・・

下の段、2つに丸棒を止めます。




ブラケット?はホームセンターで購入したのですが、
ネジが付属してたのでドライバーで止めます。

ただ、この付属のネジはネジ山が潰れやすかったです(;・∀・)
締める時は注意が必要かも・・・。


丸棒も止めたら反対側に寝かせて、
ベニヤ板を並べます。

並べたらビス止め。

これで完成です。


あとは目隠ししたい場所に設置して・・・

天井部分を2×4アジャスター
突っ張り棒の要領で止めればOK!




下の段は丸棒があるので雑誌を!
上の方は1×4の幅くらいの小物置きに使えます。

パーテーション

移動可能でちょっとした物置きと
目隠しになるパーテーション

棚を後々、増やすこともできるので
置く物に合わせてカスタマイズも可能!

素人でも簡単にできたのでよかったらチャレンジしてみてね(=゚ω゚)ノ

 Sponsored Links