こんにちは!
今回も賃貸でも可能な作りの続きです。

ちょっと変わった場所にある選択置き場を隠すために
DIYで目隠し壁を作るため、骨組みを製作中!

さっそく行ってみましょう(=゚ω゚)ノ

 Sponsored Links

賃貸でも可能な壁作りの骨組みの組み立ての続き!

前回、骨組みの半分を組み立てました。
まだ見てない方はコチラを・・・

DIYで賃貸でもできる壁を作るぞ!間仕切り壁の骨組み編(その1)

今回は残り半分の骨組みを組み立てていきます。


よければ動画もどうぞ!




まずは2×4材、1本に2×4材用アジャスターを付けます。

アジャスターを付けた2×4材と垂直になる様に
1×4材を置き、残りの2×4材でこんな形(↓)になる様に配置します。



配置したらビス止め!

垂特にビス止めする時はコーナークランプがあると
初心者でも簡単に止めれます(=゚ω゚)ノ



同じ様にビス止め。

ビス止め。



全てビス止めしたら前回、組み立てた骨組みの所へ移動。

2×4材用アジャスターを付けた方が窓側になる様にして
天井と突っ張らせます。




1×4材は前回、取り付けた骨組みの2×4材に合う様にして・・・

ビス止めして固定。



こんな感じで骨組みは完成です。

 Sponsored Links

せっかくなので端材で洗濯機の横に棚?テーブルも!

端材が結構残ってたのでせっかくなので
生活感が出るものを置くための棚の様なテーブルも作りましょう!

端材なので余りものですが、
2×4材、2×2材、1×4材、杉板です。


ますは2×4材と2×2材をこんな感じで置いて・・・

その上に1×4材をこんな感じで配置してビス止め。



これは洗濯機の横に立てかけます。

立てかけるだけなので横幅は洗濯機パンに合わせて
2×4材を下の方にしています。


次に2×2材でL字になる感じでビス止め。

こちらは先ほど固定した骨組みにビス止め。



もう片方も端材を挟んでビス止め。

下の方も同じように・・・



あとはビス止めした2×2材と
洗濯機パンの間に立てかけたやつの上に

杉板を並べて・・・

ビス止めします。



これで骨組みと簡単な棚の完成です。

棚の部分は見えなくなる部分なので今回、塗装してませんが、
水回りなので塗装などした方がいいのかな??(-_-)

まぁ~木材に何か変化があった時は、
補修なりまた作り直すなり考えます(;’∀’)


次は壁を作っていきます!
続きはこちらをどうぞ!!

 Sponsored Links