わちょ~い(/・ω・)/
前回に引き続き、壁紙DIYについてです。

男前インテリアの代表とも言える
コンクリート調の壁紙を壁紙用のりからチャレンジ!


今回も悪戦苦闘している無様な姿を
ご覧ください(笑)

 Sponsored Links

貼ってはがせる壁紙用のりを壁に塗っていこう!

今回の壁紙用のりを作るところから
壁紙を貼るまでの工程の動画はコチラです。

よかったら見てください(=゚ω゚)ノ




さて前回、壁紙用の生のりを作りました。
その記事はコチラ!

壁紙用生のりの作り方!コンクリート調の貼ってはがせる壁紙!

今回はのりを壁に実際に塗って
壁紙を貼っていきます。


壁紙用の生のりを作ったら壁紙を広げて・・・




貼りたい場所の天井から床までの高さより
少し長めにカットします。




壁紙を必要な長さに切ったら
壁に壁紙用のりを塗っていきます。

ちなみに壁紙用のりを塗る前に、
壁の汚れを軽くふき取ること
床などにマスカーテープで汚れない様にしておきましょう。

壁紙のりはペースト状なので
床にはボトボト落ちるので特に注意です!

 Sponsored Links

壁紙用のりを塗ったら壁紙を貼っていく!

壁紙のりを塗ったら壁紙を貼っていきます。

まずは天井の方から合わせます。
この時、天井と横壁部分は壁紙が少し余裕を残して!!

壁紙のりが乾くまでは貼り直しはできるので、
悪戦苦闘はしますが焦らずしっかりとやっていきましょう。


天井部分を貼っていけたら軽くシワを伸ばしながら
下の方も空気を抜きながら貼ります。

壁紙も普通の紙よりは頑丈なものなので、
丁寧に伸ばしていかないと破れる元なので注意です。


中心から外側、上から下側にシワを伸ばして
床部分まで壁紙を貼っていったらヘラでしっかりと抑えて・・・




天井の余分な部分をスキージーとカッターで切ります。

余分な壁紙を切る時は
カッターを動かす時はスキージーは固定!

スキージーを動かす時はカッターは動かさない様にして
切ると壁紙がズレにくい様です。



天井部分を切ったら同じ様に横壁の部分もカット!

何度も繰り返して切るよりは
1回で切る様にした方がキレイにできるイメージです。




同じように床部分も切ったら1枚目は完了!

同じように2枚目の壁紙を貼っていきます。

貼ってはがせる壁紙のつなぎ目の貼り方

1枚目の壁紙を貼ったら2枚目を貼っていきます。
つなぎ目の合わせ方はクッションフロアと同じ要領です。

和室と洋室をクッションフロアで1つの部屋にDIY!床の防音対策もしてみた#3

床か?壁か?の違いですね!
それだけでも実際にやってみると別物に感じますが・・・(笑)


まずは壁に壁紙のりを塗って、
2枚目の壁紙をざっくりと合わせます。


1枚目は天井部分から合わせませましたが、
2枚目は天井からではなく壁紙の端にあるマークから合わせます。




ちなみに壁紙はどっちが上か分からなくなっても
マークと同じ様に書いてるので間違いない様に!




話を戻します・・・(;・∀・)

マークを合わせたら、マークを中心に
天井方向からシワを伸ばして貼っていきます。




つなぎ目のマークから天井まで伸ばしながら貼ったら、
マークの反対側の外側に向かってしわ伸ばしを・・・

そのまま床部分まで空気を抜くように
壁紙を貼っていきます。


2枚目の壁紙を貼ったら1枚目と2枚目の
つなぎ目部分の中心をスキージーとカッターで切ります。

1枚目と2枚目が重なってる部分を
2枚とも一気に切った方がズレにくいです。

賃貸の壁を傷つけないように
少しずつ切ろうとすると2枚目が切れてなくて、
ズレたりガタガタしたしやすかったです・・・(;・∀・)


つなぎ目をカットしたら
下に重なってる壁紙の端部分も取り出して・・・




ローラーでつなぎ目をゴロゴロ!




ゴロゴロしたら完成!




つなぎ目をローラーでゴロゴロしたりすると
壁紙のりがはみ出てきたりしますが、とりあえず気にしない!

貼りたいところに壁紙を貼り終わったら、
最後に天井や床、つなぎ目の壁紙のりをふき取ります。




これで完成!!
最後にビフォーアフターを・・・

ビフォー

アフター

初めての割には結構イイ感じにできました。
大変でしたが部屋のイメージはガラッと変わります!

大きく印象を変えたい時は
壁紙を変えるのはおすすめです(^^)/

 Sponsored Links