ども!
前回に引き続き今回も間仕切り壁のDIYです。

今回は柱を作って採光も考えて
小窓まで作成したお話です。

では、どうぞ~(‘ω’)ノ

 Sponsored Links

間仕切り壁の柱と小窓に使った材料

前回の記事で間仕切り壁の壁になる部分の塗装をしました。

塗装についてはコチラを!

漆喰と黒板塗料の間仕切り壁をDIY!漆喰とチョークボードペイント塗り!

今回はその続きで柱と小窓を作成して、
組み立てていきます。


ちなみに今回も動画にしてみたので
良ければグッドボタンをポチってね(笑)




今回、使った材料がコチラ!

木材

・1×4材 →2本
・2×4材 →2本
・杉の野地板 →2枚
・杉の角材 →4本

塗料

ワトコオイル ドリフトウッド




ワトコオイル ミディアムウォルナット

その他の準備したもの

2×4アジャスター



アクリル板(塩ビ板)

Pカッター(アクリルカッター)

L字金具とジョイント金具(I字金具)

平蝶番



・マスキングテープ
・両面テープ
・インパクトドライバー
・ビス



これらのものを使って柱と小窓を作っていきます。

 Sponsored Links

まずは柱と小窓の枠を塗装

最初に柱になる2×4材とちょっとした小物置き棚になる1×4材を塗装します。

SPF材の塗装に使ったのが
ワトコオイルのドリフトウッド



ドリフトウッドでささっと塗っていきます。

ドリフトウッドをSPF材に塗って乾くまで放置してると、
少しカビっぽい色になる印象(個人的な意見ですが・・・)


そのため全体的に塗ったら
タオルで余分な塗料をふき取ります。




次に杉の野地板と角材を塗装
こちらはワトコオイルのミディアムウォルナットで!



こちらもハケで一気に塗っていきます。

杉板や角材が乾くまでに柱を作っていきましょう!

間仕切り壁の柱を作るよ!

では間仕切り壁の柱を作ります。
柱になる木材は2×4材の2本

しっかりとした壁を作るなら間柱が必要なのでしょうが、
素人だし1人暮らしなので倒れなければOKレベルです(;・∀・)

このレベルでも壁になった!くらいで読んでください(-ω-)/


まずは2×4材に2×4アジャスターを取り付けます。




私の借りてる物件は築年数が古いので、
引き戸など部屋中、微妙に歪んでいます(;・∀・)

素人の私には歪みに合わせて
壁枠を作る技術などありません(笑)

ピッタリ作る技術もない私には
調整できる2×4アジャスターは重宝します。



2×4アジャスターを取り付けたら
1×4を2×4に取り付けてグラつき防止&小物置きに!




こんな時に素人に役立つのがコーナークランプ



技術のない素人には
直角にビス止めするのは結構難しい!

でもコーナークランプがあるとビス止めしてる途中で
グラついたり動かないので1つあるとかなり便利です。

採光も考えた小窓を作ろう!

間仕切り壁の壁を塗装して柱も作ったので
次は小窓をDIYしていきます。

初めは壁だけでいいかな~と思ってたのですが、
全部壁にしてしまうと暗くなりそうだったので、
視界より高い位置にちょっとだけ開閉できる窓を作ります。


小窓と言ってもガラスなど割れそうなデリケートなものを
扱うのは素人には怖いのでガラスの代わりに塩ビ板を使います。



これを小窓のサイズに合わせてカットします。

塩ビ板(アクリル板)は普通のカッターでカットすると、
切り口の断面がガタガタになるそうです。

そこで使うのはPカッター(アクリルカッター)



Pカッターで塩ビ板をカットしたら、
塗装した杉の角材とL字金具で窓枠を作ります。




角材で窓枠の様にして・・・

塩ビ板をその上に合わせてL字金具で挟む。

角材が割れない様に下穴を開けてビス止め。




次に平蝶番を2つ、窓枠に合わせて置いて・・・

同じように下穴を開けてビス止め。

これで小窓も完成です。


次回はいよいよ完成編です。
続きはコチラからどうぞ!!

漆喰と黒板塗料の間仕切り壁をDIY!小窓付きの間仕切り壁完成!

 Sponsored Links