こんにちは。

今回も前回の続きとなります漆喰壁引き戸
いよいよ完成させます。

引き戸レールを無視してやってるので
参考になるか分かりませんが良ければ最後まで読んでね(‘ω’)ノ

 Sponsored Links

漆喰壁と引き戸の組み立てに準備するもの

前回、前々回に漆喰壁と引き戸を作りました。

引き戸作りの記事はコチラ

部屋を漆喰壁に!引き戸を素人発想でDIYしてみた(引き戸の作り方)

漆喰壁作りの記事はコチラ

部屋を漆喰壁に!引き戸を素人発想でDIYしてみた(ベニヤに漆喰塗り)

今回は引き戸レールを無視して作ってるので
引き戸レールの代わりになるものを作って完成させます。

今回の過程も動画にしてます。
良ければコチラもどうぞ!!




準備したものがコチラ!

・2×4材 ⇒3本
・2×6材 ⇒1本
・1×2材 ⇒1本
・L型金具 ⇒2つ
・2×4材用アジャスター ⇒2つ



塗料はダイニングテーブルを作った時に余った
サンデーペイントのウォルナット



あとはマスキングテープと強力両面テープ。
これらの物を使って引き戸レールを作っていきます。

まずはツーバイ材の塗装から!

では最初に2×4材、3本と2×6材、1本を塗装していきます。




使う塗料はサンデーペイントのウォルナット。
ハケで一気に塗装します。




塗装が終わったら2×4材用アジャスターを
2×4材2本だけ取り付けます。




これで下準備は完了です。

分かりやすく、まとめると・・・

・2×4材 ⇒3本とも塗装済み!2本はアジャスター取り付け。
・2×6材 ⇒1本塗装済み!
・1×2材 ⇒そのまま。

この様になってます。

 Sponsored Links

引き戸レールの代わりを組み立てよう!

では、いよいよ組み立てに入ります。
今回、引き戸を取り付ける場所はココ!

このふすまの所にDIYした引き戸がくる予定です。


まずはふすまを開けた状態にしてガラス戸?は外します。

中心に柱だけが残ってる状態です。


この状態になったらガラス戸があった方から
2×4材用アジャスターを取り付けた1本を取り付けていきます。

アジャスターで突っ張り棒の様に止めれます。

もともとの引き戸レールがあるので端材を噛ませてやると
ガッチリと固定できます。


次に取り付けたアジャスターの側面に
2×6材を正面からみて柱が隠れる様に合わせてビスで固定。




同じように反対側(ふすま側)の柱の側面に
2×4材用アジャスターを取り付けたもう1本を固定します。




次に漆喰壁を取り付ける場所に
マスキングテープを貼っていきます。

とりあえずふすまの上と柱に・・・
それにプラスしてふすまの周りにもマスキングテープを!

マスキングテープの上に強力両面テープを貼ります。


両面テープまで貼ったら漆喰を塗ったベニヤを張り付けていきます。




ふすま部分も覆い隠す様に・・・




漆喰を塗ったベニヤを張り付けたら、
ベニヤの端を挟む様に2×4材を合わせてビス止め。




次に未塗装の1×2材の両端にL字金具を取り付けて・・・




ビス止めした2×4と2×6の間に1×2材をセット。

この時、漆喰壁が剥がれるのを防ぐためにも
壁側にしっかりと押し付けて!!


押し付けたら2×4と2×6にL字金具をビス止め。

これで引き戸レールの代わりの枠は完成です。

あとは引き戸を取り付けるだけ!

なんちゃって引き戸レールを作ったら
1×2材の間に引き戸をはめ込みます。




正面だと分かりにくいので別角度で・・・

1×2材が引き戸レールになる感じです。


この状態だと手前に倒れてきちゃうので、
引き戸の固定キャスターが隠れる様に1×2材にビス止めします。




これで完成です。




よく見ると固定キャスターが少し見えたりもしてますが、
日常でそんなにしっかり見るところでもないので、そこまで気にならないかな?

実際に家に遊びに来た人は、
そんな部分よりもこの引き戸を作った方に驚いてくれてるので
今のところ、なかなか満足いってます(‘ω’)ノ


築年数が古くて多少の歪みがある部屋に住んでる方には、
こんな方法もありかも!?程度に参考になれば幸いです(*’▽’)

 Sponsored Links