おしゃれなインテリア雑誌で紹介される部屋に多い飾り棚

壁かけ棚とかウォールシェルフなど呼ばれたりしてますが、
やっぱ憧れますよね(笑)


そこで今回は以前、漆喰壁を作った所に
カフェ風?な雰囲気の飾り棚をDIYしていきます!

 Sponsored Links

賃貸でもできる飾り棚にもいろいろな種類がある!

DIYの世界は奥が深い・・・と言うか、
好きな様にやっちゃいな!って感じなので飾り棚DIYだけでも
ネットで検索するといろいろと出てきます(;’∀’)


賃貸物件で原状回復がルールの我が家でも
今までに何度もDIYにチャレンジさせてもらってて・・・

例えば賃貸の壁に傷をつけない壁美人を使ったウォールシェルフ

賃貸の壁を傷つけない!壁美人で壁かけ棚をDIY!

他にもビス止めできる様に先に板壁を作って

2×4材と杉板で賃貸でもできる壁板をDIYしてみた!(組み立てから完成まで)

壁に直接、打ち付けることができる様にして
アンティークっぽい壁かけ棚を作ったり!

アイアンペイントと塩ビパイプを使ってアンティークな吊り棚をDIY!その2

まぁ~手間やお金をかければいろいろとできるもんです(笑)


ただ、今回はシンプルに手軽にできる飾り棚DIYをしていきます。
DIY初心者ですし毎回、気合いもお金もかけれないですしね(;’∀’)

 Sponsored Links

飾り棚DIYに使った材料

今回は以前、漆喰の間仕切り壁を作った場所。

ここに手抜き飾り棚をDIYしていきます。

木材

・杉の野地板

こちらは前にDIYした端材です。

塗料

・ターナーのアンティークワックス ジャコビーン



こちらも今まで使ってた余りもの。

他に準備したもの

・L字金具



・白塗りのビス



・水平器



必要なものはこれぐらい!
ほとんど余り物なので絶対に必要なものはL字金具ぐらいです。

ちなみに作業風景はこちらの動画の後半にあります。

では作業していきましょう。

まずは杉の野地板塗装から!

お手軽で簡単に!と言っても
一手間を加えるだけで見た目はだいぶ変わります。

不器用で技術のない私には塗装でごまかすのは大事(笑)


ターナーのアンティークワックスで
杉の野地板をささっと塗装していきます。



塗り終わったら乾くのを待って余分な塗料をふき取ります。

ターナーのアンティークワックスはしっかり塗っても
雑に塗っても濃い・薄いはあれどアンティークっぽい雰囲気になるので
個人的にはかなりおすすめです!

L字金具 ブラケットを取り付ける

杉板の塗装が終わったらL字金具を取り付けます。

L字金具は黒と悩んだのですが漆喰壁は白だったので
今回は白を購入しました。


杉板とL字金具の角を合わせてビス止め。

もう1つはL字金具に杉板を乗せる様にして裏側からビス止め。

飾り棚はこれで完成!
あとは壁に取り付けます。

漆喰壁に飾り棚を取り付ける

棚の準備ができたら取り付けるだけ!

今回は間仕切り壁をDIYした部分なので
直接、壁にビス止めしていきます。

漆喰を塗ってDIYで間仕切り壁を作る!




実は飾り棚は間仕切り壁を作った時に
作る予定でいたので飾り棚を付ける予定の場所は
骨組みの時に裏に板を添えて壁を厚くしています。




まずはL字金具に杉板を乗せる様にして付けた方を
好みの高さに合わせて・・・

一か所ビス止め。



次に水平器を棚に置いて水平を探して・・・

ビス止めをしていきます。



できたらもう1つの棚も同じように好みの高さにして

水平に気を付けながら固定。



これで完成!
飾り棚 diy

ちょっとカフェ風?(笑)


スタンドライトのスポットを当てると
小物の壁や漆喰の模様が浮き彫りに!

間接照明にフロアスタンドライトでおしゃれ度UP!組み立てレビュー!

L字金具が見えてることが気になる人にはおすすめできませんが、
シンプルで直接、ビス止めできる柱をディアウォールなどで立てれば
簡単にできて雰囲気を変えれるのでおすすめですよ!

 Sponsored Links