ども!こんにちは。

引越しをキッカケに初心者ながらDIYにチャレンジ!
今回はベッドです。

やっぱまずは寝床の確保!

そんな訳で今回はすのこベッドのDIYにチャレンジ!
せっかくなのでアンティーク調にしておしゃれなベッドを目指します。

 Sponsored Links

マットレスに合わせて自作のベッドフレームを作るために準備したもの

今回、マットレスはずでにネットで注文していたこちら!



こちらのセミダブルです。

このマットレス片方は低反発
ひっくり返すと高反発マットレスらしく、
自分には高反発と低反発どっちが合うの??って方に
おすすめのマットレスです。


で!マットレスはあるけどベッドがない!
これが今の私の現状・・・(;・∀・)

厚さも17㎝あるので床に直接でも寝心地は問題ありませんが、
直接、マットレスを置くとカビが心配・・・

それなら自分好みに作ってしまえ!!
DIY初心者のくせに暴挙にでます(笑)


一応、自分だけが分かる設計図を書いて
地元、鹿児島にあるホームセンター「ハンズマン」にGo!

準備した材料がこちら。

準備した木材

2×(ツーバイ)材よりも安かったので、
ほぼ全て杉の野地板です。

・210×24×2230 →2本(フレーム横 ★)
・210×24×1338 →4本(フレーム足元&背もたれ正面 ★)
・210×24×1290 →1本(背もたれ正面 ★)
・210×18×1338 →3本(背もたれ背面 ★)
・176×18×1338 →1本(背もたれ天板 ★)
・176×18×382 →2本(背もたれ横 ★)
・90×24×2030 →3本(フレーム横の土台)
・90×24×592 →5本(背もたれの柱)
・100×10×1270 →16本(スノコ)
・10×20×1000 →8本(スノコ土台)

※単位は全てです

自分で書いてて分からなくなってきた・・・(笑)
たぶんこれで合ってるはず(;・∀・)


これから作る工程が少しでも分かりやすい様に、
一応( )内はベッドフレームに使う部分です。

★に関してはホームセンターでカンナ掛けが
1回20円でお願いできるのでしてもらったものです。

こうやって書くと結構な量ですが(実際、運ぶのは大変な量)
4メートルの野地板をカット(1カット10円)したりしてもらってるので、
木材だけでトータル8000円くらい?

値段は結構してますが、端材もあまりまくり(;・∀・)
小さい棚かベンチくらいは作れる程余ってます(笑)

 Sponsored Links

塗料

BRIWAX(ブライワックス)のジャコビアン

その他の準備した工具など

・木ねじ 25㎜
・コーススレッド 38mm
・コーススレッド 長さ51㎜(黒)

長さ51㎜だけ黒を使ってますが、
これはベッドフレームの外側(見える場所)から打つためです。


他に必要なものは

・インパクトドライバー
・布
・やすり

これだけあればベッドはできます。


なくても何とかなるけどあると便利なアイテムが

・クランプ
・ブルーシート
・最適カンナ

以上になります。


個人的には最適カンナは今回、大活躍!

DIY初心者にも手軽で安全な手カンナ!最適カンナミニj50の使い方

ハンズマンでは大きな面のカンナ掛けはしてもらえますが、
横?(厚さ)はカンナ掛けしてもらえません。

ここを最適カンナでやると一気にできるし、
初心者で下手くそなのでいい感じのアンティークっぽい
傷になって良かったです(*’▽’)


ベッドのDIY続きはこちらをどおぞ!

アンティーク調?のすのこベッドフレームをDIY!(塗装編)

 Sponsored Links